オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

費用の内訳

wahori3

英会話の上達にはやはり現地で学ぶ方法が一番確実な方法です。
留学で現地の語学学校に行き学ぶ場合と、ワーキングホリデーを利用して、現地で働きながら学ぶ方法があります。
ワーキングホリデーの利用できる国は、英語圏では、カナダ、オーストラリア、イギリスなどがあります。
まず、その際にどういった費用を準備したらよいでしょうか。
ビザの申請費用、往復の航空運賃、海外留学保険、語学学校の授業料などです。
働きながら学べるというのが一番の魅力ですが、やはり最初の3ケ月程の生活費は準備しておいた方が安心です。
カナダ、オーストラリアの場合の生活費は1ケ月10万円から12万円、イギリスは物価が高いので15万ぐらいを考えていると良いでしょう。

目的を決める

オーストラリアが一番日本とのワーキングホリデーの歴史が古く、現在でも数多くの日本人がこの制度を利用して現地で働きながら、英会話を勉強しています。
カナダは多人種の国ですので、仕事を見つけやすいなどの特徴があります。
最近では、フランス、ドイツなどで働きながら学ぶことが出来るようになり、英語圏以外での滞在も可能になりました。
国によってさまざまな特徴があり、目的をしっかり決めて国選びをすることが大切です。
ワーキングホリデーは若者に与えられた素晴らしい制度です。
仕事をしながら現地の人々との交流を深め、お互いの文化の違いや、考えかたの違いなどを学ぶ事が、今度の人生において素晴らしい経験となることは間違いありません。

若者の特権

ワーキングホリデーという制度は、若いとき(25歳または30歳まで)に限って利用できるビザの一種です。
また一定期間(通常上限1年間)滞在出来ることと、就労も可能なことが特徴です(滞在国により条件があります)。
この制度を利用して英会話のスキルアップをするために留学をし、異国の文化を吸収するチャンスを得ることが出来ます。
受け入れ先の学校も留学する生徒の語学力のスキルに応じたカリキュラムも用意しています。
例えば挨拶が出来るレベルの方でも日常の英会話ができる方でもさらなるスキルアップが出来る環境を提供しています。
また滞在先の住居も学校の寮がようしているところもあれば、ホームステイを受け入れるホストファミリーもあります。
上記の点から「滞在国」「学校」「住居」の3つの事項を選定することが重要となります。